スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本古来no薬味酒de浸出油

DONことhiroちゃんが広島県福山市のお土産、鞆酒造「保命酒」を買ってきてくれました。
                                               (thank you)
このお酒、江戸時代福山藩を代表する幕府への献上品。
幕末にはペリーやハリスが来航した際の宴会で食前酒として飲まれたと云われています。

と言っても、今回は「香り袋」
いい香り~~~酔ってしまいそう~。

説明書きには「保命酒に漬け込んだ和漢植物」
「香り袋として、又、入浴時浴槽に浮かべて香りを楽しむ」
とありました。
moblog_e9b92943.jpg
さらに、「十六味地黄保命酒」に含まれる自然生薬が・・・
①地黄(ジオウ)主薬、アカヤジオウ
②茯苓(ブクリョウ)マツホドの菌核
③山薬(サンヤク)ヤマイモ
④縮砂(シュクシャ)
⑤沢瀉(タクシャ)
⑥山茱萸(サンシュユ)
⑦丁字(チョウジ)
⑧芍薬(シャクヤク
⑨川芎(センキュウ)
⑩当帰(トウキ)
⑪白朮(ビヤクジュツ)
⑫桂皮(ケイヒ)
⑬葛根(カッコン)
⑭杏仁(キョウニン)
⑮甘草(カンゾウ)
⑯梹樃子(ビンロウジ)

早速、浸出油にしてみました。
これで仕込んだ石けんは・・・楽しみですキャハ 
moblog_38fbd9a1.jpg 
スポンサーサイト
pop* 2011summer | Home | 失敗は成功のもと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。