スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010  大晦日 

2010 大晦日

今日の大阪の気温は3°雪も降っていました。
おせちの用意も整い、今から早めの「年越しそば」をいただきます。

来年から私の「手作り石けん」を紹介していきます。

みなさん、一年間お疲れさまでした。
良い年越しをお過ごしください。

スポンサーサイト

はじめまして

はじめまして

たくさんのブログの中から開いてくださって
本当にありがとうございます。

青春時代がバブルだった私は
雑誌に並ぶブランド物を身にまとい
「高ければいい」そんな事を基準に買い物をしていましたから
化粧品もそんな安易な品選び方を繰り返していました。

そんな私に親友が自分で作った「手作りの石けん」をプレゼントしてくれたのです。
初めてその石けんで洗顔した時のことを鮮明に覚えています。
手にしたこともない泡が手の中にあふれ、思わず「おぉ!」
と言わずにはいられませんでした。
肌の上にのせたら、ラベンダーの香りと共に身も心も包み込んだようでした。
鏡の前に「これだ」と言わんばかりの素肌がありました。
「これしかない」今までの私とは訣別決したかのように「手作り」の良さを実感しました。
そうして私の「手作り石けん」が始まったのです。


コールドプロセス製法で作る石けんは、
仕込から使用するまでに1ケ月半もの時間がかかってしまいます。
しかし、手間暇をかけ、待たせるだけあって、うるおい成分「天然グリセリン」が
たっぷり残った、肌にとても優しい石けんが生まれるのです。

「手作り石けん」に出会ってから
手作りすることが多くなってきたように思います。
たとえば、外食より我が家でご飯が当たり前の日常。
パンやケーキを焼いたり、スリッパやランチョンマット、マスクに洗顔バンド、
化粧品までも手作りするようになりました。

「手作り」と言う言葉の響きにはたくさんの魔法が隠されています。
心までもを大きく育てる魔法が詰まっています。
大事な人の為に手作りをして思いを伝え育てていきます。
とっても温かなゆっくりとした時間・・・
 
石けんを作る前から、時間は流れます。
仕込が終わり型入れをした後、とても満たされた自分に出会えます。
そして必ず・・・
カレンダーに型だし予定日と使用解禁日を書き入れます。
毎日、カレンダーに記された赤いしるしを見ては今か今かと待っています。
まるで恋人と会える日を待ち焦がれているかのように・・・
解禁日のおふろの時間が楽しみです。
見た目や色合い、さわり心地、香りを楽しんだりします。
その後、手の上で転がしながらひたすら泡だてます。一番緊張する瞬間です。
泡の弾力や香りを楽しんだ後、頭の先からつま先まで泡まみれ(^O^)。o○
とても幸せな時間です。
毎日の洗顔が楽しくなります。

朝晩、どの石けんを使おうか。あれこれ考えて・・・
今日の「Premium」を決める。
だから毎日が、特別な日になるのです。
考えてみたら、生まれてすぐに石けんで母に体中を洗ってもらっていたはず。
「石けん」なんてとても身近にありすぎて、日常アイテムのひとつにすぎないけれど、
とっても自分に関係が深いアイテムですよね。
だって・・・丸裸で・・・使うんだもの。
衣類の上からでもなく、素肌に直接。
それって・・・ものすごく大切なアイテムだと気づきませんか?

季節や肌質、洗い上がりに合わせて、
好きなオイルや精油を配合して、しかも安心できる材料で、
お気に入りの石けんが自分で作れます。
人気の石鹸は数多く出回っていますが、
やっぱり自分の為に自分が作る「手作り石けん」を超えるものはありません。
世界で一番の「Premium」 

是非みなさんも自分の為や誰かの為に特別な「手作り」をしてみてください。

たかが石けん、されど石けん、です。
テーマ: 独り言 | ジャンル: ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。